管理画面
ゲームソフト週販売上予測やゲーム感想など。主にWiiとDSと3DSをメインに遊んどります。お問い合わせは mukyublog@gmail.com までどうぞ。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

さて、昨日記事をアップした直後、その噂のタイトルの詳細がいきなり情報解禁されました。嬉しくてヒャッホウしたわけですがアップしたことを思い出し『あー・・・アップした情報いきなり古くなった・・・』と落ち込んだりもしましたが私はヒャッホウです。


んではまずこちらから


任天堂×坂口博信(ミストウォーカー)

THE LAST STORY ラストストーリー

http://www.nintendo.co.jp/wii/slsj/


坂口博信:ファイナルファンタジーシリーズの産みの親。この人がいなければファイナルファンタジーはこの世の存在しませんでした。髭が特徴で『ヒゲ』の通称。スクウェアを退社後、2年後に㈱ミストウォーカーを設立。現在ミストウォーカー代表。


かねてより新作を作成している情報があったミストウォーカーですが、実績からXBOX360で出すと思われていましたが、意外や意外。任天堂と仕事をしていたとは・・・。

現在はタイトルロゴと音楽しか掲載されていないのですが、任天堂のバックアップも有ることからその期待値は跳ね上がります。また音楽も非常に気になる所。誰が作曲を担当しているのでしょうか?

坂口氏のミストウォーカーコラムからも完成は近い様子。HPのコラム開始が3月よりとなっている所から見ると、投入はGWから8月までの期間になりそうな予想。

近々ゲーム雑誌にも情報が来ることでしょう。



続いてはこちら


任天堂×モノリスソフト

XENOBLADE ゼノブレイド

http://www.nintendo.co.jp/wii/sx4j/


モノリスソフト:ゼノサーガシリーズやバテンカイトス、無限のフロンティア(スーパーロボット対戦OG)の製作を手がける会社。


タイトルに『ゼノ』とついて、先日の記事でもわかるように『いやいや、ゼノっていってもゼノシリーズじゃないだろう・・・』的に湧き上がる自分を抑えながら、しかし『いやゼノシリーズだったら』と期待していた自分がおりました。

しかしこのタイトルロゴ。まずはゼノシリーズとみて間違いはないでしょう。そもそもゼノシリーズはプレイステーションの『ゼノギアス』という作品が初お目見え。スターウォーズのように壮大な構想がなにやら有るようです。

ゼノギアスは非常に面白くすばらしい作品だったのですが、『100万本に到達したら続編』という縛りに負け、残念ながら続編はお流れに。

その後製作スタッフが退社しナムコ出資でモノリスソフトを設立。バンダイナムコをビジネスパートナーとして『ゼノサーガ』にいたったわけです。

ただし販売元を跨いでいる為権利関係の問題があり、物語的には再構築している為地続きのストーリーではなくなっているとのこと。


まあ今回も会社を跨いでいる以上地続きのストーリーではないことは確実。新規の人はそのまま楽しみゼノシリーズを知っている方はその片隅に面影を見出す楽しみも有るかもしれません。


さてこのゼノブレイド、発売が2010年春となっております。受注の関係から3月は無いと思われますのでGWまでの間に発売されるのではないかと予想。なんともうすぐじゃないですが!



んで続いてはこちら

任天堂×TECMO/Team NINJA

METROID OtherM メトロイド アザーエム

http://metroid.jp/


昨年のE3にて発表されていましたのでまったくの新情報ではないのですがオフィシャルサイトが出来ました。

任天堂のメトロイドオモロイド。彼の為に一度だけ書いておきましょう。

メトロイドといえばFCから続く任天堂のアクションゲーム。最近は『メトロイドプライムシリーズ』として、アクションではなくFPS、つまり一人称シューティングとしてシリーズ化しています。日本ではそこまで人気が有るタイトルではないのですが海外ではそこそこ人気がありワールドワイドでは約143万本のセールス。

その新作が今回のOtheMとなります。

ただジャンルはFPSではなくアクションになる様子。つまりプライムシリーズとは別になるのではないでしょうか。

そして製作は『ニンジャガイデン』でおなじみのテクモ・TeamNINJAとのこと。私はスタイリッシュアクションは苦手なんですが、Wiiには少ないジャンルですのでこれもまた楽しみです。

発売は2010年夏予定とのこと。



とまあ大きなタイトルがいきなり3つも情報出てきました。ポケモンあわせると4つですか。

任天堂が従来苦手なジャンルを共同開発という形でどこまで伸ばせるのかが非常に興味深いです。

でもいきなりこんなに発表しちゃって大丈夫なの?とちょっと心配。アクセル踏み過ぎじゃね?年末どうすんの?マリギャラ2だけで押しちゃうの?

てなことも考えるのですが、そもそもこの発表、こんな前置きから始まってます。


岩田

「さて、次に、今年の展開についてのお話をさせていただきたいと思います。任天堂は、商品情報の鮮度を大切にしていますし、 基本的に、今年年末の主軸タイトルは 6月に開催されるE3でお見せすることになると思いますが、今日は今年発売するソフトの中から、いくつかをご紹介したいと思います。」


`∧_∧
(´・ω・) ・・・
( つ旦O
と_)_)



`∧_∧
(´・ω・) ガシャ
( つ O _
と_)_) (_()、.o:。
      ゚*・:.。


年末の弾はまだまだ隠している様子。鬼か。

関連記事
 

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

Trackback

 

 

 
Copyright © 2017 ´・∞・)つ●ムキュのブログ, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。