管理画面
ゲームソフト週販売上予測やゲーム感想など。主にWiiとDSと3DSをメインに遊んどります。お問い合わせは mukyublog@gmail.com までどうぞ。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

大きなお祭なので一応。


私がうろ覚えで把握している大体の内容や予想。細かい部分は間違っているかもしれませんのでその辺はご勘弁を。

興味有る方は調べてみてね。


とりあえず今回元秘書3人の逮捕容疑は『政治資金規正法違反』なんですが、もちろんそれだけじゃあなくその裏っかわにある事件を見越しての逮捕とみておりますよ。


政治資金規正法ってのは、裏金とかしちゃいけませんよ、政治家はお金にクリーンでなければなりませんよ、政治のお金はオープンにしないとね、という意味で作られました。

つまり『記載ミス』ならば訂正をすればいいのですが、今回はどうも『虚偽』。つまり嘘書いているでしょと。

なぜ『虚偽』だと逮捕なのか。それはもちろん、『虚偽しなければならない後ろめたい理由があるのではないか』ということになると。

まあそんな感じで逮捕に至ったわけです。


事の発端は週刊誌だかどこかが『小沢幹事長の管理する政治資金団体が土地を凄いたくさん購入している』というのを調べたことから始まってます。

んで更に調べてみると土地の登記簿が小沢一郎と。

どーいうことかというと、『政治に使ってくださいね』と政治家は政党から献金分配を受け取ったり、個人から献金を正等に受け取るわけですが、そのお金で土地を買ったと。

で、政治資金団体の名義で買えばまあいいのかもしれませんが、何故か『小沢一郎』の持ち物にしてしまったと。

じゃあ小沢一郎が政治家やめたら、どーすんのと。もちろん小沢の土地になります。

なんだか政治献金を自分の資産にするっておかしくね?と。

政治献金ってのは政治活動にしか使っちゃいけないんじゃないかと。

一応小沢一郎氏は『この土地は私の個人の所有物じゃなくて政治団体の為の利用土地ですよ』という『確認書』とかいうのを記者会見で見せています。

でもそんな確認書には法的拘束力はまったくなく、もし小沢一郎氏が政治家やめたときに、小沢一郎氏の個人資産になることを防げるかというと防ぐことは不可能だそうです。

ついでにその確認書も、どうやら記者会見の直前に作った様子との情報も。


土地購入はいったんおいといて、ゼネコン汚職疑惑にうつります。


小沢幹事長は岩手において絶大な力を持っていらっしゃるのは周知の事実。ただし直接ゼネコンを支持する立場にはいませんし、間接的にでもゼネコン談合を公共から直轄でやると足が付きやすい。ばれやすい。

そこで小沢幹事長考えました。


公共

↓入札      ←ここでやるとばれちゃうから

大手ゼネコン

↓手配      ←ここでやればばれにくいんじゃね?

中堅ゼネコン


事実、ダム建設にあたり鹿島建設は受注したのち、水谷建設や西松建設に手配をしております。

ただ、手配するに当たって、『小沢氏に話を通して頂かないと御社に任せられない』とやるわけです。

すると中堅ゼネコンは『小沢大先生!ここは一つどうかこれで!』と袖の下

小沢先生ほっくほくとなるわけです。


さて、ほっくほくになった小沢大先生。ほっくほくになったはいいのですが、袖の下のお金は確定申告するわけにも行かず、大きなお金はばれ易い。どうしたものかと考えます。

そこで考えたのが『政治資金団体による土地購入』ではないかなと。

政治資金団体はお金いっぱいもっています。いっぱいのお金は銀行に預けています。

銀行に預けている預金を担保に、銀行に土地の購入用のお金を貸してくれと融資をお願いします。

そして融資されたお金で土地を購入。登記はもちろん小沢先生。


さて、借りたものは返さないといけません。銀行にお金を返すわけですが、お金は分割して返します。

分割して返済したお金に、袖の下で頂いたお金を混ぜ込みます。

するとあら不思議!表に出すことの出来ないお金が、法律の合間を縫って表に出てきました。

袖の下のお金は時間をかけて土地に変化して、小沢大先生の老後のお役に立てるようになったのです。


今回の大ポカは、銀行からの融資と入金のタイムラグ。

いつもならば銀行から融資され、入金を実行したのでしょう。もしくはバレはしないとたかをくくっていたのか。

融資がおりるよりも入金を先にしてしまった。

『銀行からの預金担保の融資で土地を購入した』という説明が崩れてしまったのです。

①融資の金はまだ届いていなかった。

②政治資金は銀行の担保なんだから銀行の中でしょ

③じゃあその入金したお金はどこから湧き出てきたの

小沢先生も大金持ちなんですが、一応小沢先生が10年間で得た議員報酬は3億5千万円程とか。

とりあえず小沢先生の資産から借りたなら、借用書はどうしたの?

そもそも土地購入の金を現金で入金するかね?普通ふりこまね?


まあそんな感じの全体像予想。


興味が有るのは本丸までいくのか。

どのくらいゼネコンが協力していたのか。


突き詰めると銀行にお仲間はいないのか。等など。興味は尽きません。

是非とも全容を解明して欲しいですね。

また自由党と新進党を解散した時、政党に政府から配られたお金があるのですが、党を解散する時にはあまったお金は国に返還しないといけないのです。

そのお金が小沢氏が管理するなんとかフォーラム21とかいう団体に移され、税金がまんま小沢氏の政治資金に変化している問題もありますし。

検察には頑張って調べて頂きたいですな。




なおこのブログには予想妄想も含めて書いておりますのでその辺はご了承下さい。

もちろん転載の許可は出しませんのであしからず。

御意見有る方ははメッセージでどうぞ。


追伸:大事なこと書き忘れた。これ書く為に記事書いたのに。


昨日N速+で見つけた秀逸な書き込み

『くやしい!でも幹事長・・・ビクンビクン』

関連記事
 

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

Trackback

 

 

 
Copyright © 2017 ´・∞・)つ●ムキュのブログ, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。