管理画面
ゲームソフト週販売上予測やゲーム感想など。主にWiiとDSと3DSをメインに遊んどります。お問い合わせは mukyublog@gmail.com までどうぞ。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

カプコン2011年3月期事業戦略及び計画と補足資料公表


http://www.capcom.co.jp/ir/data/pdf/fy2010a.pdf

http://www.capcom.co.jp/ir/data/pdf/fy2010b.pdf


さーて先日短信が発表されましたが追加資料が出ました。中でもカプコンさんはソフト内容が事前にわかっていたりするのでよく見えます。そーゆー意味では好きですw


さて注目は2011年3月期の自社ソフトの売上予想と計画


デッドラ2 300万
ロスプラ2 220万
マブカプ  200万

の計画が出されています。んで既に発売されているスパ4。こちらは簡単に前作実績から200万としましょ。

そうすると4本合計で920万本の計画。


んでPS3の今年の計画が16本で600万本・箱が12本で480万本、合計1080万本の計画とわかります。

上記の4つのソフトは全てマルチタイトルなのでざっくり引くと、

PS3が残り12本 箱が残り8本 箱タイトルはPS3とマルチと考えて8本のマルチと4本のPS3ソフトとなります。

そのうち1本は戦国バサラ3と判明しております。

つまり上記以外は戦国バサラ3を含めた12本のソフトで160万本の販売計画となります。


うん。今年はもうあんまりおっきな新作タイトルはなさそうですねw

対するWiiも6本で160万本の計画。

そのうち1本はMH3海外と判明しており、既に販売していることからMH3の計画数字はリアルな数字を使っていると思われます。

5本で80万~100万本といったところでしょうか。やはりこちらもおっきな新作タイトルはなさそう。


またゲーム仕掛かりとしては、2010年3月期にて40億円ふえとりやす。

ちなみにここ数年のゲーム仕掛かりの推移は

2006年  63億4800万円

2007年  34億1500万円

2008年  62億4100万円

2009年  104億3200万円

2010年  143億3300万円

明らかに増加の一途をたどっております。さてさて。

バイオハザード5作っていた時よりも増えておりますが大丈夫でしょうか?




マーベラスエンターテイメント平成22年3月期決算短信

http://www.mmv.co.jp/company/index.html


こちらは草木も生えぬ状態。

連結純損失16億2300万円とのこと。一応ゲーム落ち込みは明言を避けて『経済環境の悪化や国内外におけるゲーム市場の縮小に伴い、前期と比べて総出荷本数が大きく減少しました。』としております。

また、開発中止の判断や発売時期の見直し。海外のレッドシーズファイルの評価損を売上原価に計上したことによって減収減益になった形になります。また海外販売会社も手放し、『世界世界』病は治ったかと。


来期のゲームの方針としては開発タイトルの選別をおこない、実績あるシリーズ作品を中心とするとのことで、牧場シリーズに落ち着きあまりアグレッシブなタイトルは狙わない様子。

ただしSNSプラットフォームのブラウザゲーム市場に積極的に進出するつもりなのでまだまだ迷走は続くと思います。


私から一言、言わせて頂くと

『あんたフラフラしてっからそんなんなるんだよ!』と。

もともとマーベラスエンタテイメントは数こそ少ないものの、固定ファンがいました。

ところが定番タイトルからその派生からバグだらけの状態。理由は簡単。『予定していた発売日に無理やりでもいいから出せ』と。そのためデバッグにかけている費用も時間もないと。

そんなこんなで『マーベラスのゲームはバグだらけだから発売日に買うのは危険』と信頼をどんどん落としていきました。


しかし徐々に、徐々にですが、反省したのか改善もしてきました。Wiiの名作達です。ルーンファクトリーF、朧村正、アークライズファンタジア、王様物語。

ルーンファクトリーは買ってませんが後三作は全てプレイしました。名作ぞろいです。バグも少なく、ほとんど無いものもあります。非常に面白い作品でした。

残念ながら信頼が無かったその作品達はそこまで売れませんでしたが、朧村正とアークライズファンタジアの2作はおすすめセレクションとして再販されるほど評価されました。


しかしです。マベはやってしまいました。ノーモアヒーロズHDです。


NMHが世界で40万本売れた!久々のヒットです!NMH2も発売します!

普通にやりゃいいんです。普通に。それをNMH2発売まじかになって『NMHをHD機にだします!』とか馬鹿ですか?

海外には複数ハード所持なんて結構います。しかもNMHをプレイするマニアックな人ならまず複数持ちでしょう。

それを海外でNMH2発売する前に発表して、よりによってNMH2の販売担当のUBiに持ちかけたりして。

UBiも断りますよ。『てめえこれから売るNMH2が売れなくなったらどうすんだよ』と。

案の定NMHHDは海外発売座礁に乗り上げました。国内のみで発売しなければならなくなったせいか、久々にやっちまいましたバグだらけの明らかなデバッグ不足。またまた『やっぱりマベか』と。

おまけにもともとの開発者である須田氏からは『いや僕はHDには関わっていない』とお断りまで入る。そりゃそうです。関わっていたとしたら個人の経歴に関わってくる。


もうね。マーベラスはよーくその辺考えてください。SNSブラウザゲーム?あなたいつも流行に載ろうとして全部失敗しているじゃない。大丈夫?NMH2出した後は知りません。どうぞご勝手に。

書いているうちに溜まっていた鬱憤でちゃった。




ハドソン平成22年3月期 第38期決算説明会資料

http://www.hudson.co.jp/corp/investors/pdf/100510.pdf


流石の安定感。計画から大幅減にはなりましたが赤は出しておりません。

面白くないのでスルー(失礼)

いや桃鉄は面白いです。




コーエーテクモホールディングス 平成22年3月期決算短信

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120100505093619.pdf


今年こそ赤字になるかなーと思いきや、しっかり黒字にしてくるのがコーエー。

テクモが加わってもしっかり黒字。

どないやねん!

まあこちらは補足資料が出てから。


あとはバンナムがなんか決算しているみたいだけどそれはまた明日にでも。

関連記事
 

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

Trackback

 

 

 
Copyright © 2017 ´・∞・)つ●ムキュのブログ, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。