管理画面
ゲームソフト週販売上予測やゲーム感想など。主にWiiとDSと3DSをメインに遊んどります。お問い合わせは mukyublog@gmail.com までどうぞ。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

年度末のせいでしょうか、あんまりニュースは入ってきませんねー。なんとも寂しい限りです。

ムキュの斬撃日記苦行編は今週はお休み。何故か?

世界中の迷宮3までにゼルダの伝説大地の汽笛をクリアーせなアカンからどす。

あとちょっとなんですがねえー。


さて、ニュースピックアップ


『ゾンビ イン ワンダーランド』を買ってくれた日本のみんなアリガトウ!スペインの開発元からメッセージ到着!http://www.inside-games.jp/article/2010/03/30/41293.html


先日の記事でお伝えした通り、マーベラスエンターテイメントの「ワールドゲームパレード」の第一弾として発売された『ゾンビ インワンダーランド』がWiiウェアで現在トップにランキングされています。スペインの開発元であるAKAONIから喜びの声が届きましたので紹介します。
『ゾンビ インワンダーランド』が、Wiiウェア人気ソフトランキングの1位になったという連絡を受けて、すぐに開発チームに伝えました。皆「本当によかったね!本当によかった!」と大喜びでした。私たちのゲームが『ロックマン10 宇宙からの脅威!!』や『乱戦!ポケモンスクランブル』と一緒にランキングに並んでいること自体、とても光栄なことです。今まであこがれて、目標としてきたゲームたちですから。

私自身、感無量です。言葉で表すのは難しいのですが、振られるのを覚悟で勇気をふりしぼって告白して想いが通じた、みたいな感じですね。日本は昔から大好きでしたから、その日本に『ゾンビ イン ワンダーランド』を受け入れてもらえたというのは、本当に嬉しいんです。

Akaoniにとってこれはまだ最初の一歩です。これが告白だとすると、次のゲームは初デートですね(笑)。まだまだハードルは高いですが、今の気持ちとやる気を源に、これからももっともっと楽しいゲームを皆さんにお届けしたいと思います!

『ゾンビ イン ワンダーランド』を遊んでくれた日本の皆さん、どうもありがとう!
(インサイド)


まあ本当に日本人が造ったような雰囲気ありますからねー。なによりあの変ないや素敵なプロデューサーさんもいいキャラでしたし。

で、海外でもやはり最初は日本のメーカーと勘違いされた様子。以下のようなエピソードが


ゲームの映像を初めてネットにのせたとき、開発会社の紹介欄に「スペインの会社」と書きました。すると、「これは誤りで、スペインではなく日本の開発会社です」という情報が欧米のサイトで流れ始めました。そんなときに、あるスペインの人が書き込んだ一言、「日本じゃなくて、確かにスペインのバレンシアの開発会社だよ。バレンシア人は、燃やしたり爆発させるのが好きだから間違いない」。ご名答(笑)


今日の豆知識

バレンシア人は燃やしたり爆発させるのが好き




SCE、PS3へのLinuxインストールなどの機能を削除

http://www.inside-games.jp/article/2010/03/30/41290.html

ソニー・コンピュータエンタテインメントは、4月1日に提供開始予定のPS3システムソフトウェア バージョン3.21にて、「他のシステムのインストール」に関する機能を削除すると発表しました。

PS3では新型を除く全ての機種でこれまで、「他のシステム」をPS3にインストール・起動することができました。LinuxをインストールしてPS3の Cellを使ったプログラミングを楽しむ人も一定数いたようです。新しいアップデートを適用しなければ引き続き機能は利用できますが、 PlayStation Storeが利用できなくなるほか、場合によって最新ゲームも遊べない可能性があります。利用できなくなる可能性があるのは、

・PlayStation®Networkへのアクセス、PlayStation®Networkを利用したコンテンツ及びサービス
・システムソフトウェア バージョン3.21以降で動作するPS3®向けゲームソフトウェアおよびBlu-ray Discビデオコンテンツ
・メディアサーバー上の著作権保護されたビデオの再生(本体設定でDTCP-IPを有効に設定している場合)
・システムソフトウェア バージョン3.21以降で提供される新機能や動作品質の改善等のアップデート

となっています。

SCEでは今回のアップデートについて、セキュリティの脆弱性に起因する問題に対応するためと説明しています。(インサイド)


これはねー。もっと早くにやっておいても良かったんじゃないかなーと。ある一部のハッカーはCFW作るんでアップデートするなとも呼びかけているとの情報も。まあ容量から割れても利用者は少なく廃れるでしょうけど。




【映像配信】『REDSTEEL2』ネバダ砂漠のど真ん中!SAMURAIの死闘が再び

http://www.gpara.com/comingsoon/redsteel2/100330/

『REDSTEEL2』は「時代劇」+「ウエスタン」という、どこか勘違いした解釈さえも“作風”としてしまう、独特かつパワフルな世界観で語られる主観視点のアクションゲーム。2006年にリリースされた前作『レッドスティール』と同じく、「Wiiリモコン」と「ヌンチャク」を使用した爽快な斬撃/銃撃アクションが楽しめる。
 また、本作より「Wiiモーションプラス」に対応した仕様となっており、精密な剣さばきや射撃を実現しているのが最大の特徴だ。 (ジーパラドットコム)


とまあレッドスティール2の紹介映像が出ております。モーションプラス対応ソフトということで斬撃のレギンレイヴにはまった私は非常に惹かれます。

主人公が少々濃ゆいですがw




【ゲームニュース一週間】-「ニンテンドー3DS」とテクノロジーの翻訳者

http://www.inside-games.jp/article/2010/03/30/41283.html


任天堂の宮本茂氏はエコノミスト紙のインタビューに対し、「現在のハードウェア戦争は違った方向からの競争である」と語っています。

エコノミスト:「次の革新の波はどこから来るでしょうか?」
宮本氏:「僕が何を考えてるにしても、もちろんそれを言う立場にはありません。ひとつ言えるのは、ビデオゲームの可能性が広がっていることが分かる、ということです。つい先頃までのハードウェアメーカーは、どこが洗練されたグラフィックやレンダリングの技術を考案できるかということだけで競争してました。だけど僕らには違った方向からの競争が見えてます。お客さんは、ある特定のハードがどんなプレイ体験を作り出せるかと聞いてるんです。任天堂で僕らは、『Wii Fit』みたいにテクノロジーを日常生活に融合できるか、という方向からゲームの技術を見ようとしてるんです」(インサイド)


という記事から。テクノロジーと日常生活の融合について記載されています。なかなか面白い。続きはリンク先からどうぞ。




そして俺が今日一番目をひいたニュースがこちら



マリオとルイージが英で飲食店を開店?!

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100329-00000009-rnijugo-ent


世界で「最も知られているゲームキャラクター」として、ギネスブックに認定されているのは、口ひげと赤いつなぎ姿でお馴染みのマリオ。そんなマリオと、緑色のつなぎで知られる双子の弟・ルイージが、「イギリスのマンチェスターで飲食店を開店か?!」と、世界中のネットユーザーの注目を集めている。

この騒動のもととなったのは、住所を入力するだけで世界中の街や道路を表示できるサービス「Google Street View」。同サービスを使って、マンチェスターにあるクレアモント通り(Claremont Rd.)を検索すると、隣り合わせで開店している「パンと菓子の店・マリオ」「ピザ、ケバブ、バーガーの店・ルイージ」が写し出されるのだ。(ヤフーニュースより)

ルイージがピザを売っているのは兄に対する挑発に間違いない!

以上!

関連記事
 

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

Trackback

 

 

 
Copyright © 2017 ´・∞・)つ●ムキュのブログ, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。