管理画面
ゲームソフト週販売上予測やゲーム感想など。主にWiiとDSと3DSをメインに遊んどります。お問い合わせは mukyublog@gmail.com までどうぞ。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

週間ソフト売上予測(3月8日~3月14日)
Wii 15.1%
139,355本
PS3 13.7%
126,435本
箱 3.6%
33,224本


MC発表基準
922,882本


09年度ソフト総売上予測(09年3月30日~10年3月14日)
Wii
13,812,711本
PS3
7,730,034本

1,553,491本 


週販でおます。昨日は関西出張でしたので更新できずすみませんでした。途中草津の顧客にもよったのですが、寒い寒いと思っていたら「ただいまの気温:2℃」とかアホかと。

そりゃー寒いわけだ。今日上司にその話しをしたら「わしゃ長野じゃ。氷点下」

まだまだ上司越えはムリす。


さーて三国無双マルチレイド2の発売週。前作からは大幅に下がっちゃいました。他はPSPで勇者のくせになまいきだ3D・絶対ヒーロー計画、PS3にてBFBC2、DSのRPGツクールがTOP10に新作ランクイン。

トモダチコレクションがファミ通ベースで300万本のセールスを達成。NewスーパーマリオWiiは349万8664本と1400本足りず350万は次週に持ち越しとなっております。





んでついでに気になるニュースピックアップ





『マリオ』や『ゼルダ』の映画化に米国任天堂のボスがもの申す

http://www.inside-games.jp/article/2010/03/26/41240.html


米国任天堂(任天堂オブアメリカ:NOA)のReggie Fils-Aime社長兼COOはロサンゼルスタイムズのインタビューに対し「任天堂のタイトルは自分の子供」と答えています。

LAタイムズ:「プロデューサーや重役たちは『スーパーマリオブラザーズ』や『ゼルダの伝説』、『メトロイド』の映画化権について尋ねるため。未だに貴方の部屋のドアをノックしているようですが彼らになんと言いますか?」

Fils-Aime氏:「メッセージは常に“関心を持って頂きありがとうございました”です。これまでに詳細に話したことはあります。しかし、結局の所、我々はコンテンツを作る会社であり、自社のブランドに関して情熱を持っています。ですから、我々のブランドに異なる方向で生命を与えることはほとんど無いです。これらのタイトルは我々の子供です」(インサイド)



あー・・・・・えー・・・・
http://www.mm-m.ne.jp/mariocom/page072.html


             /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ____   こまけぇこたぁいいんだよ!!
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /




板垣伴信氏、新スタジオ・ヴァルハラゲームスタジオを設立

http://www.inside-games.jp/article/2010/03/25/41219.html

元テクモで、Team Ninjaを率いた板垣伴信氏が新しいゲーム開発スタジオ、株式会社ヴァルハラゲームスタジオを設立、公式サイトがオープンしています。

板垣氏と共にテクモに在籍し、同社の常務執行役員クリエイティブ部長を務めた兼松聡氏が代表取締役CEO、板垣氏が代表取締役CTOとなります。

「いざ大海原へ。戦う同志を募る」というメッセージで、求人が行われていて、ゲームデザイナー、プログラマー、CGアーティスト、アシスタントプロデューサーなどが募集されています。

現在「家庭用HDゲーム機向けの超大型プロジェクト」が進行しているとのこと。

板垣氏は公式サイトで独立の理由について、「その理由は、世界最高のエンターテイメントを、仲間と共に創り続けるのだという決意です。応援してくださる全世界のファンの皆様を揺り動かす、そしてこれから出会う未来のゲーマへの方たちが、心の底から感動する一級品のゲームを作り続けてきたい」とコメントしています。

期待したいと思います。(インサイド)


超大型プロジェクト・・・・ねえ・・・・

なんだか『超大型』とか言っとけば興味引くとか考えてませんか?

プロジェクトの規模より中身で勝負してください。




近未来のゲーム機? 遊べるキュービック型3Dディスプレイ『pCubee』

http://gs.inside-games.jp/news/225/22545.html


カナダの名門、ブリティッシュコロンビア大学の研究者が、様々な角度からレンダーを操作できるキュービック型3Dディスプレイを発表しています。“pCubee”と呼ばれるこのキューブは5枚のフラットパネルを搭載、静止した3Dレンダーを様々な角度から見ることができる他、キューブを傾けてオブジェクトを動かす、ペンでオブジェクトを触る(ように表示する)といったインタラクションも可能。

当然これと同様の技術がビデオゲームで使われる可能性も想像されています。ディスプレイを様々な角度から見て直観的に操作する、そんなゲーム機が登場する日も遠くないかもしれません。(GameSpark)


ほおおおおお?また面白いものを考えますねえ。ハードではないんですが。まあ丁度3Dネタがあふれているので。

関連記事
 

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

Trackback

 

 

 
Copyright © 2017 ´・∞・)つ●ムキュのブログ, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。