管理画面
ゲームソフト週販売上予測やゲーム感想など。主にWiiとDSと3DSをメインに遊んどります。お問い合わせは mukyublog@gmail.com までどうぞ。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

任天堂『ラストストーリー』のコラムが開始!第1回目は『島』

http://www.nintendo.co.jp/wii/slsj/index.html


任天堂決算によって明らかにされた坂口氏の『ラストストーリー』のコラムが開始されました。

第1回目は『島』とのこと。イメージイラストも公開されています。

まだまだ謎に包まれていますが、どうやら一つの島を題材にした、超科学などないファンタジーの様子。今後に期待です。ぜひリンク先にてご確認ください。




「みんなのおすすめセレクション」に『桃太郎電鉄16』など2作品が登場

http://www.gpara.com/article/cms_show.php?c_id=19470&c_num=14

任天堂は2010年4月22日(木)、「みんなのおすすめセレクション」シリーズとして、『桃太郎電鉄16 北海道大移動の巻!』と『ワンピース アンリミテッドクルーズ エピソード2 目覚める勇者』を新たに発売する。

価格は各2,800円(税込)。(Gpara)


ワンピースはこれで1と2両方になりました。あわせて遊ぶのにはいいかもしれません。ただちょっと時期が早すぎないですか任天堂さん。乱発はやめてくださいよ?




GDC 10: GDC Awardsの受賞作品が発表!『Uncharted 2』がGOTY含む5部門獲得

http://gs.inside-games.jp/news/223/22382.html


今年1月にノミネート作品が発表されていたGame Developer Choice Awards。先ほどGDC会場で受賞作品の発表セレモニーが行われ、2009年のベスト作品が選ばれています。

結果は既にVGAやAIASアワードでも多数の賞を獲得したNaughty DogのUncharted 2: Among Thievesが、Game of the Yearを含む5部門を受賞。ゲームデザインではBatman: Arkham Asylumが選ばれた他、Scribblenauts、Flower、Torchlightといったインディー系の作品が揃って受賞を果たしました。(GameSpark)


日本のゲームは受賞しませんねー。

日本でも大分洋ゲーを目にするようになりました。

ただただ思うのは、日本のソフトメーカーは本当に弱くなったなと。

まあこの賞はゲーム開発者が選ぶ選考ですので、圧倒的に海外開発が強いんですが。この賞に限らず、小売店では海外開発のゲームが大分並ぶようになっています。昔は並ばせるスペースなど与えなかったのに。

がんばって欲しいものです。




『メトロイド』や『トモダチコレクション』を手がける任天堂の坂本賀勇氏が語る、人の心を動かすには?

http://www.famitsu.com/game/news/1232932_1124.html


昨年が15組だったのに対し、今年は7組と半分以上に減ってしまった日本人クリエーターの登壇者。そのなかにあって大きな存在感を見せたのが、開催3日に行われた任天堂、企画開発本部 企画開発部の坂本賀勇氏による講演“From METROID to TOMODACHI COLLECTION to WARIOWARE:Different Approaches for Different Audiences”だ。この講演は、シリアスタッチの『メトロイド』シリーズからコミカルタッチの『トモダチコレクション』や『メイド インワリオ』シリーズまで、幅広い作品を手がける坂本氏の作風に疑問を抱いた任天堂の岩田聡社長が、「ゲーム開発に対してどのようなアプローチをしているのか、そのダイナミックレンジの広さを紐解くことで見えてくるものをGDCで講演したらおもしろいのでは?」との提案により実現したもの。

任天堂の関係者による講演は、毎回密度の濃い内容が多いが、坂本氏によるこの講演も非常に刺激的な内容による名講演となった。
(ファミ通)公演内容についてはリンク先をご覧ください。


特にメトロイドアザーMの操作方法については、想像力が掻き立てられます。




サイバーコネクト2でカウントダウンページが

http://www.cc2.co.jp/countdown/index.html


NARUTO ナルティメットや.hackシリーズでおなじみのサイバーコネクト2がDSで新プロジェクトとのこと。カウントダウンページには青空とカウントダウン日数が出ています。本日から6日後のようですので、来週のファミ通発売日(3月18日)と重なりますね。そこで発表されるんでしょうか?


しかしこのちぎられたような壁紙と青空。

私見たことあります。

そしてそれは私結構好きだった作品。

もしやと作品ページをみると掲示板が。

掲示板を覗いてみると・・・やはりwそうなのかしらw期待しつつ待ちますw




おまけ:あなたが知らない(かもしれない)、マリオの恐るべき秘密

http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/1003/10/news089.html


世界一売れたゲームとしてギネスブックにも載っている、任天堂の大ヒット作「スーパーマリオブラザーズ」。ところでマリオって、なんで「マリオ」という名前なのか考えたことがありますか?

 海外ニュースサイト「ocweekly.com」に、「Ten Things You Didn't Know About Super Mario Bros.(あなたが知らない、マリオの10の秘密)」という記事が掲載されており、上記「名前の由来」をはじめ、マリオがオーバーオールを着ている理由、幻の隠し(?)ステージの存在などなど、知られざるマリオの秘密を次々と暴いてくれています。10個のうち、あなたはいくつ知っていましたか?(ITmedia)


なんぞこれーwwwwあと10個目wwこらまてwww

関連記事
 

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

Trackback

 

 

 
Copyright © 2017 ´・∞・)つ●ムキュのブログ, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。