管理画面
ゲームソフト週販売上予測やゲーム感想など。主にWiiとDSと3DSをメインに遊んどります。お問い合わせは mukyublog@gmail.com までどうぞ。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

PS3にて大規模な不具合が発生している模様

http://www.jp.playstation.com/psn/state.html


本日9時頃よりPS3に不具合が多数発生している様子。

当初はPSNメンテナンスによって、PSNにつながらない等と見られていましたが、現在上がっている報告としてはPSN接続不具合ではなく、本体のトラブルの可能性が高いとの情報が、断片的ではありますが2ちゃんねる等にて報告されています。

ただ、現在2ちゃんねるは韓国からのサイバー攻撃により非常に繋がり難い状況。


現在上がっている報告としては以下の情報が比較的多い様子。


不具合状況報告例

・日付が2000年1月1日になってしまう
・トロフィー等の実績データが破損・消えてしまう
・HDD内のゲームが起動できない
・オンライン接続のあるゲームが起動できない
・基盤交換(過去事例から有償交換対象)の必要があるエラーコード(8001050F)が発生する


不確定情報として

・80Gよりも前のモデルにて発生?

・内臓時計によるトラブル?の為、ネットワークにつながなくても症状が発生する?

・海外情報として、オフ専でも過去に1度PSNつないだPS3は不具合が出ている?

・薄型には発生しない?


等。ちなみに日本だけではなくて、海外でも同様のトラブルが発生している様子。

PlayStation.comには『一部のお客様の環境において、PSNにサインインできない障害』としか掲載されておらず、確認が困難な状況となっているようです。

PS3ユーザーの皆さんは、確定情報を確認の上起動されることをお勧めいたします。

また上記情報も、私はPS3を持っていませんので確認のしようがありません。恐らく情報には真偽混ざった状態だと思われます。情報を収集した上での判断をお願いします。

申し訳御座いませんが、上記情報は不確定情報であることをご理解ください。この記事による不具合・トラブルには一切応じられませんのでご了承ください。




久々の新作ファミコンカセットは『ロックマン』風アクションゲーム

http://www.inside-games.jp/article/2010/02/28/40689.html


新作のファミコンカセットがついに発売されました。

『Battle Kid: Fortress of Peril』は海外のアマチュアが制作したファミコンカセット。

『ロックマン』シリーズを思わせるアクションゲームで、大量破壊兵器を打ち砕くため、主人公がハイテク要塞に挑みます。550以上の部屋、8体のボス、30以上の敵キャラが用意されており、5段階の難易度設定が可能となかなか手応えがある内容のようです。

発売が遅れてファンをやきもきさせましたが、この度無事に売り出され、早くも品切れになっている模様。価格は30ドル(約2700円)で、「PAL及び NTSCのファミコン及び互換機で動作可能」とされています。カートリッジの形状はNES(海外版ファミコン)ですので、日本のファミコンで動かすにはアダプターが必要になるようです。

(インサイド)


ふぁ、ファミコンソフトですか!日本ではもちろん販売されないと思いますが、これはちょっと面白いですねえw

寧ろへんなアイテムを使ってDSやPSPで自作プログラムを走らせるよりよっぽどこちらのほうが面白いと思います。




第15回AMDアワード年間コンテンツ優秀賞にゲーム2作品選出

http://www.famitsu.com/game/news/1232533_1124.html

●『トモダチコレクション』と『ドラクエIX』が優秀賞に選ばれる
 社団法人デジタルメディア協会が優秀なデジタルコンテンツなどの制作者を表彰する“デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー`09/第15回AMDアワード”の、年間コンテンツ賞“優秀賞”10作品が発表された。この10作品の中から2010年3月17日に、“大賞/総理大臣賞”1作品、“AMD理事長賞”1作品が選出される。優秀賞10作品は以下のとおり。
●映画『アバター』/ライトストーム製作、20世紀フォックス映画配給
●Crunchyroll/Crunchyroll Inc
●映画『サマーウォーズ』/『サマーウォーズ』製作委員会
●セカイカメラ/頓智ドット株式会社
●Twitter/Twitter,Inc、デジタルガレージTwitterカンパニー
●特ダネ投稿DO画/日本放送協会、株式会社NHKグローバルメディアサービス
トモダチコレクション/任天堂株式会社
ドラゴンクエストIX 星空の守り人/株式会社スクウェア・エニックス
●BeeTV/エイベックス通信放送株式会社

(ファミ通)


こういった受賞ニュースが多数出てくると、『年度末なんだな~』とか思ったり。




Wiiの国内累計販売台数が1000万台を突破

http://www.famitsu.com/game/news/1232546_1124.html

2010年3月1日、Wiiの国内累計販売台数が1000万台を突破したことをエンターブレインが発表した。2010年2月28日の時点で、Wiiの国内累計販売台数は1000万9736台。

(ファミ通)




『レッドスティール2』5月27日発売日決定、Wiiモーションプラス同梱版も

http://www.inside-games.jp/article/2010/03/01/40715.html


ユービーアイソフトは、Wii新作ソフト『レッドスティール2』の発売日が2010年5月27日に決定したことを発表しました。

『レッドスティール2』は、2006年12月2日にWii本体と同時に発売した『レッドスティール』の続編です。Wiiリモコンを刀と銃に見立ててプレイする他に、Wiiモーションプラスが新たに採用。Wiiリモコンを振った時の強さや速度はもちろん、「突き」のアクションにも対応しました。

Wiiモーションプラスがセットになった特別パッケージも発売が決定。価格は7140円(税込)と、単体で買い揃えるより450円お得となっています。Wiiモーションプラスをお持ちで無い方はこちらをおすすめします。
(Wiiモーションプラスのカラーバリエーションについては、現時点では不明。シロとクロの2種類発売されるのが望ましいですが・・・。)

『レッドスティール2』は2010年5月27日に発売予定で、通常版が6090円(税込)、Wiiモーションプラス同梱版が7140円(税込)です。

(インサイド)


レギンレイブでちょっと燃えてきている俺としては、気になるソフトでございます。今後の更なる情報に期待!



「柔道ベイビー」はWii向けゲームを開発する新生デベロッパー

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100228-00000010-isd-game


元SCEやCrystal Dynamicsのメンバーは、新生デベロッパーJudobabyを設立するそうです。JudobabyはWii向けのゲームを制作中で、2010年にも作品を発表するとしています。

CEOのDan Mueller氏は1997~2002年にSCEに所属、アートディレクターのBen Harrison氏は1999~2009年までCrystal Dynamicsに勤務、CTOのRichard Anderson氏はセガやSCEなどで15年のキャリアを積み、リードデザイナーのDavid Ralston氏は1980年代からアタリ、EA、Blue Shiftなどのメーカーを渡り歩いてきた……とベテラン揃い。特にRalston氏は『ペーパーボーイ』『ランパート』『マキシモ』の制作に参加したと言いますからかなりの古強者です。

Judobabyは既にWiiゲームの開発を進めており、家族向けかつ実写映画とタイアップした内容となるとのこと。

(インサイド)


海外のデベロッパー誕生のニュースです。最近は潰れるデベロッパーも多いので、がんばって頂きたい。

まあただ洋ゲーチックなのは洋ゲーデベロッパーなので当然なんで、



俺には縁がないのかもw

関連記事
 

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

Trackback

 

 

 
Copyright © 2017 ´・∞・)つ●ムキュのブログ, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。